スポンサーリンク

出産後の赤ちゃん退院時、チャイルドシートは必要なの?

子育て

赤ちゃんの出産は病院やレディースクリニックなどで行う方がほとんどでしょう。

その場合必ずあるのが、『退院』です。

出産したばかりの乳幼児であっても、たった一度の退院だったとしても、自動車で自宅などへ移動する場合、チャイルドシートは必ず必要になります。

退院のときだけのたった一度だから、自宅まですぐだから、赤ちゃんが小さいから、といった理由でチャイルドシートを使わなくて良いなんていう法律はありません。

そこで今回は、赤ちゃんのチャイルドシートの必要性、チャイルドシートを使用しなくても例外な状況についてご紹介いたします。

赤ちゃんのチャイルドシートに関する法律

赤ちゃんのチャイルドシートに関する法律は、2002年4月1日から道路交通法の改正によって着用が義務付けられるようになりました。


当たり前ですが、赤ちゃんをチャイルドシート着用させず自動車に乗せ運転した場合、道路交通法違反となります。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
【引用】道路交通法七十一条の三項

上記の『幼児』とは6歳未満(0歳~5歳)を指し、出産したばかりの赤ちゃんだったとしても、低出生体重児(小さく生まれた)の小さい赤ちゃんだったとしても、自動車で移動する場合は必ずチャイルドシートが必要になります。

赤ちゃんでチャイルドシートを使わなくても良い場合


道路交通法七十一条の三項に『疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。』という記載がございます。

これは簡単に説明すると『赤ちゃんをチャイルドシートに乗せなくても良い』場合がある、ということです。

では、どのような場合にチャイルドシートを使わなくても良いのでしょうか。

法第七十一条の三第三項 ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
一  その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき(当該座席以外の座席において当該幼児に幼児用補助装置を使用させることができる場合を除く。)。
二  運転者席以外の座席の数以上の数の者を乗車させるため乗車させる幼児の数に等しい数の幼児用補助装置のすべてを固定して用いることができない場合において、当該固定して用いることができない幼児用補助装置の数の幼児を乗車させるとき(法第五十七条第一項 本文の規定による乗車人員の制限を超えない場合に限る。)。
三  負傷又は障害のため幼児用補助装置を使用させることが療養上又は健康保持上適当でない幼児を乗車させるとき。
四  著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に幼児用補助装置を使用させることができない幼児を乗車させるとき。
五  運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(幼児用補助装置を使用させたままでは行うことができないものに限る。)を行つている幼児を乗車させるとき。
六  道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。
七  道路運送法第七十八条第二号 又は第三号 に掲げる場合に該当して人の運送の用に供される自動車(特定の者の需要に応じて運送の用に供されるものを除く。)の運転者が当該運送のため幼児を乗車させるとき。
八  応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を当該搬
【引用】道路交通法施行令第二十六条

いやー、分かりづらい。

以下に、道路交通法施行令第二十六条に記載されている赤ちゃんがチャイルドシートを使わなくても良い8つの場合を簡単に説明します。

  1. 座席の構造上チャイルドシートを固定させることが出来ない場合。
    とても古い自動車の場合はシートベルトがなかったりしますが、そのような場合はチャイルドシートを使わなくても良いというとこです。
  2. 運転席以外の座席数以上の数の者を乗せるため、乗車する幼児の数と同じ数のチャイルドシートを固定することができない場合。
    12歳未満(11歳以下)の子供3人=大人2人という数え方をします。
    そういった場合、軽自動車の後部座席は2名分のシートしかなく、チャイルドシートも2つしかつけられませんが、子供は3人乗せることが可能です。
    このような、座席数以上の子供や赤ちゃんを乗せる場合でさらにチャイルドシートが赤ちゃん分つけられない場合は、チャイルドシートに乗せなくても良いということです。
  3. (乗車人員の制限を超えない範囲で)負傷や障害によってチャイルドシートを使うと健康によくないとされる幼児を乗せる場合。
    このような場合、主治医の先生のに確認しておくと良いでしょう。
  4. 肥満などの身体的な理由によってチャイルドシートを着用することが困難な場合。(チャイルドシートなしでも正しくシートベルトを着用できる幼児も該当)
    チャイルドシートが適切に使えない赤ちゃんの場合、チャイルドシートを使わなくても良いということです。
    赤ちゃんが小さい場合やチャイルドシートを使用しなくても十分な身長がある場合、チャイルドシートを使用しなくても良いということです。
  5. 運転者以外の者が授乳などの日常生活の世話を行っている幼児を乗車させる場合。
    授乳やおむつ交換などを運転者以外が行う場合、一時的に赤ちゃんをチャイルドシートからおろして実施することができます。
    しかし、作業が終われば再びチャイルドシートに乗せる必要があります。
  6. タクシーやバスなどの旅客となる場合。

    文字通り、タクシーやバスではチャイルドシートを使用せずに赤ちゃんを乗せることができます。
  7. 市町村の特定非営利活動や公共の福祉を確保するためにやむを得ない場合の運送に供する場合。

    幼稚園や保育園の送迎バス、送迎自動車の場合、チャイルドシートのを使用しなくても赤ちゃんを乗せることができます。
  8. 応急救護のための医療機関や官公署などに緊急に搬送の必要がある場合。
    救急車やパトカーなどに赤ちゃんを乗せる場合、チャイルドシートを使用しなくても良いということです。

チャイルドシートQ&A

昔はチャイルドシートなんて使わなかったのに

赤ちゃんのチャイルドシートの着用が法律で定められたのは2002年です。
ご両親があなたを育てていた時代はチャイルドシートは使わなくても赤ちゃんを乗せることができました。
そのためご両親は「チャイルドシートなんて使わず抱っこで乗せられる、抱っこしていたほうが安全だ」などと言う方もいらっしゃいますが、現在、チャイルドシートの着用は法律で定められています。

レンタカーや友人や親族の車に乗せる場合チャイルドシートは使わなくてよいの?

チャイルドシートに乗せる必要があります。

レンタカーでの旅行や友人や親族の自動車で出かける場合でもチャイルドシートが必要になりますので、事前に確認や用意をしておく必要があります。

急病の赤ちゃんがいるがチャイルドシートがない場合、自家用車乗せてよいの?

急病の赤ちゃんを病院に連れて行く場合など、緊急な場合はチャイルドシートを使用しなくても良いです。
その他、緊急性がある場合はチャイルドシートの使用が免除されますので、緊急だと思われる場合はチャイルドシートがないからと気にせず急いで対応しましょう。

最後に

チャイルドシートの使用は法律で定められています。


チャイルドシートは赤ちゃんの乗せた自動車が事故にあった際の命を守るための1つのツールです。
赤ちゃんをチャイルドシートに乗せると泣くので乗せたくない、とお考えの方もいらっしゃると思います。

事故に合わない限りチャイルドシートより抱っこしていた方が赤ちゃんは安心できるでしょうが、なにかあってからではもう遅いかもしれません。

チャイルドシートを使わなくても良い場合はありますが、赤ちゃんの安心安全のためなるべくチャイルドシートを使うようにしましょう。

コメント