スポンサーリンク

妊婦健診の内容と妊婦健診助成制度を受けるには

妊娠

姙娠すると、定期的に産婦人科や助産院、レディースクリニックなどに通い妊婦健診を受けることになります。

姙娠の週数や病院、母体の状況等により検査内容や費用は異なり、妊婦健診費用の補助制度も自治体によって多少の違いがありますが存在しています。

 

そこで今回は、妊婦健診の頻度や費用、検査内容など、ポイントに絞って説明します。

妊婦健診とは

そもそも妊婦検診とは何か、というところから説明すると、妊婦健康診査の略称で、妊娠中の母体の健康と胎児、お腹の中の赤ちゃんが順調に育っているのか、異常はないか、ということを確認するための検査です。

妊娠中はママさんが貧血、姙娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などなってしまう可能性もあり、大位置にママが元気で健康でいなければいけません。

そういった症状にいち早く気づくにも、妊婦検診は大切です。

 

さらに、お腹の中の赤ちゃんが元気に育っているか、今どれくらいの大きさか、モニター越しにはなりますがエコーで実際に見ることもできます。

 

元気な赤ちゃんを、ママが元気な姿で迎えるために妊婦検診があると覚えてもらえればと思います。

妊婦検診の検査内容は

病院や先生の判断などにより検査内容は異なりますが、主に以下のような検査が行われます。

※ママと赤ちゃんの健康状況、病院方針、先生のの判断により、実施しない検査もあれば、以下に記載のない検査を実施する場合もありますのでご理解ください。

検査 時期 詳細
問診 毎回 お腹の張り具合や出血の確認など異常がないかを確認し、質問や不安に対して適切な回答を行います。
体重測定 毎回 姙娠により体重の増加はありますが、増加しすぎるのは、『難産』や『妊娠糖尿病』、『妊娠高血圧症候群』のリスクが高まりますので、妊娠中は体重管理が必要になります。
血圧測定 毎回 『妊娠高血圧症候群』の早期発見のためでもありますが、それだけでなく、最高血圧140mmHg~最低血圧90mmHgを上回るときは要注意です。
尿検査 毎回 初診時は、尿検査により姙娠状態を確認しますし、それ以降も尿蛋白や尿糖の検査を行い、『妊娠糖尿病』や『妊娠高血圧症候群』の症状を確認します。
エコー(超音波検査) 毎回 胎嚢や胎盤、羊水、赤ちゃんの成長などを確認し、
内診 必要に応じて 子宮を触診し、子宮の硬さや子宮口の開き具体を確認します。
腹囲測定 姙娠4ヶ月~ お腹周りをメジャーで測り、あかちゃんの成長度合いやママの健康状態を確認します。
むくみの確認 姙娠4ヶ月~ 足のスネを手で押してむくみの確認を行います。
子宮底長測定 妊娠中期~ 恥骨上部~子宮上端を測り、赤ちゃんの成長度や羊水量を確認します。
血液検査 必要に応じて 血液型や血糖、貧血のほか、HIVや風疹、B型肝炎などの感染症を確認します。
子宮頸がん検診 妊娠初期に1回 子宮頸部の粘膜から細胞をとり、がん細胞がないかを確認します。
クラミジア検査 妊娠30週までに1回 子宮頸管の表皮細胞をとり、クラミジア菌を確認します。
B群溶血性レンサ球菌検査(GBSチェック) 妊娠後期に1回 膣口や肛門付近からおりものをとり、B群溶血性レンサ球菌(GBS)に感染していないかを確認します。
ノンストレステスト(NST) 妊娠後期 陣痛ストレスのない状態で母体腹部にセンサーをつけ、胎児の心拍やママのお腹の張り具合を確認します。

また、妊娠週数が増すほど赤ちゃんも大きくなり、ママの身体も妊娠準備を行っていくため、、より身体への負担も大きくなります。

そのため、妊娠週数が増すほど妊婦検診の期間も短くなります。

 

妊婦健診助成制度について

妊婦健診助成制度とは、妊婦は病気ではないという判断から、妊婦健診の費用は3割負担ではなく全額自己負担が必要になりますが、その妊婦健診に掛かる費用の一部を自治体が負担する国の制度です。

国の制度にも関わらず国の補助金と各自治体の税金が財源となっておりますので、非常に残念ではありますが、各自治体によって補助金額の大きな差が生まれているのも事実で、補助金額や補助の内容は多少自治体によって異なりますので、正しい情報は市区町村に確認をしてほしいのですが、今回は比較的多い妊婦健診助成制度を受ける方法を説明します。

妊婦健診助成制度を受けるには

妊婦健診助成制度の対象は、姙娠をしている人であり、姙娠しているかもと思った際に、産婦人科やレディースクリニックなどで『本当に姙娠しているのか』確認をしていただき、妊娠届出書を作成する必要が必要があります。

※妊娠届出書は役所によって書類が異なりますし、赤ちゃんの心拍が確認できている必要があります。そのため、人によって個人差がありますので、○週目だったら良いか決めることはできませんので、先生に確認をしてみると良いでしょう。
また、書類は自治体によって異なるため、医療機関に書いていただく欄がある場合もありますし、全て自身で記入してよい場合もあります。詳しくは、自治体のHPを確認していただくか、お電話などで確認してみるとよいでしょう。

妊娠届出書の準備た整いましたら、役所に提出すれば母子手帳と一緒に『妊婦健診の助成券』を貰える場合が多いです。

そのため、初診や赤ちゃんの心拍が確認できるまでの検診は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

まとめると

①姙娠しているかもと思ったら産婦人科などで確認してもらう

②妊娠届出書を役所からもらう(役所HPからのダウンロード、印刷でも可)
※①と②の順番は逆でも構いません。

③赤ちゃんの心拍が確認出来ていたら、妊娠届出書に必要事項を記入する

④妊娠届出書に提出し、母子手帳と一緒に妊婦検診の助成券をもらう

という流れになります。

 

※自治体によっては助成券ではない場合もありますし、妊婦検診の助成適用となる医療機関が定まっている場合もありますので、確認しておきましょう。

妊婦健診の回数は

妊婦検診の回数に関して、厚生労働省では14回を推奨しており、妊婦健診の助成券に関しては、2018現在では全ての自治体で14回分の助成券を配布しています。

しかし、14回というのは、最低の妊婦健診の回数であり、ママと赤ちゃんの健康状態、赤ちゃんの成長具合により多くなることはありますし、費用の全額補助される自治体もあれば、回数無制限で毎回540円負担という自治体もあります。

妊婦健診の助成金額は地域によって10万円も違いがある

都道府県の平均助成額で見ると、青森県の平均助成額が118920円で最も高く、神奈川県が64319円と最も低くなっており、これだけでも5万円以上の差があります。

さらに市区町村別に見ると、回数無制限の場合などは150000円以上が助成される場合もありますし、地域によっては51000円しか助成されない地域もありますので、もし引っ越しを考えている場合はそのあたりも参考にしてみると良いですね。
※ここでは具体的な自治体名は控えさせていただきます。

 

妊婦健診の費用は

こればっかりは『いくらです』と出すのはとても難しいのですが、最低100000円程度掛かると思ってください。

また、検査内容や検査の頻度によっても違いますし、産婦人科やレディースクリニック、病院などにより大きな開きがあり、14回の検診でも200000円を超えるような病院もありますので、そのあたりはお近くや通おうと考えているところに確認をしてみると良いでしょう。

さらに、3D4Dエコーは別料金であったり、エコーの動画や写真を別料金で受けていたりと、病院によって大きな開きがあるため、最低100000円は掛かると考えていただき、その中から妊婦健診の助成額が差し引かれた金額が支払う金額だと考えてください。

そのため、51000円しか助成されない地域の場合、およそ50000円は自己負担が必要になりますし、反対に100000円の助成がされる地域の場合、初診のみ助成券交付前のため、初診料の5000~10000円程度の自己負担となります。

 

ちなみに、初診料に関しても医療機関により大きく異なりますので確認をしておくと安心です。

 

妊婦健診は、健康な赤ちゃんを生むため、さらにママが健康に出産をするため、とても大切な検診です。

地域によっては、自己負担が大きくなってしまいますが、姙娠しているにも関わらず検診を受けないことは、赤ちゃんの命だけでなく、ママの命が危険な状況になる場合もあります。

必ず受けてください。

コメント