子どもが絵本に興味を持ち、絵本が好きになる読み方~0歳の赤ちゃんの場合~

子どもが絵本に興味を持ち、絵本が好きになる読み方~0歳の赤ちゃんの場合~

絵本を読むとき、何か工夫していますか?

 

子どもに絵本を読んでいる多くいらっしゃると思いますが、自宅にある絵本には限りがあることでしょう。
そのため、絵本の読み方や読む絵本、雰囲気などを工夫しないと子どもが飽きてきてしまい、それに伴って徐々に絵本があまり好きではなくなってしまいます。

 

そこで今回は、0歳の赤ちゃんが絵本に興味を持ち、子どもが絵本が好きになる読み方をご紹介します。

0歳の赤ちゃんが興味を持つことを理解する

子どもに絵本を読むにも、絵本を選ぶにも、子どもの月齢、年齢に合わせた絵本選び必要です。

現在どのようなこと、ものに興味を持っているのかを理解したうえで絵本選びをすることで絵本に興味を持ちますし、絵本が楽しくなっていきます。

そのため、まずは0歳の赤ちゃんがどのようなことに興味を持つのかを理解してみましょう。

 

0歳の赤ちゃんの場合、まだ言葉がわからないため具体的な言葉であったり行動などよりも、大きな絵で、音であったり触ったりすることに興味があり、喜びを感じます。

 

そのため、触って楽しめる絵本、イラストも大きく視覚的に楽しめる絵本、効果音などの音が強調されているような絵本の方が0歳にはおすすめです。

0歳の赤ちゃんの絵本選び

0歳の赤ちゃんの絵本選びの特徴としては、1つ目は大きくわかりやすい絵、特に色彩がはっきりわかりやすく、背景と見せたいものがはっきりと別れているような絵本が良いです。

2つ目は、音を読んであげるような絵本、特に水を流す時の「ジャージャージャー」という効果音や車の擬音「ブーブーブー」と言った、赤ちゃんでも聞き取りやすくはっきりとした音を読んであげるような絵本がおすすめです。

 

これらに加え触って楽しめるような、例えば凹凸のある絵本など、触って凹凸を感じることができるような絵本も赤ちゃんが興味を持つ絵本です。

0歳の赤ちゃんの絵本の読み方の特徴

0祭の赤ちゃんにより興味を持ってもらえるような絵本の読み方をご紹介します。

 

月齢にもよりますが0歳の場合、視力がまだ弱く離れてしまうと絵本の絵が見えなくなってしまいますので、絵本はなるべく近づけしっかり見えるようにしましょう。

 

読み方としては優しく、ゆっくりと強弱をつけながら読んであげましょう。早いと聞き取れなくなってしまいますので、単語単語で間を設けるような読み方、さらに音を読むときと語りかける時で強弱を付けながら読んであげると、より音を楽しめる読み方になります。

0歳の赤ちゃんにおすすめの絵本

いくつか、0歳におすすめの絵本をご紹介します。

しましまぐるぐる(アマゾンで購入する

色彩がはっきりしており、色も鮮やかないろが使われており、擬音や効果音を使った0歳にとってとてもわかりやすい絵本です。

 

だるまさんが(アマゾンで購入する

有名なだるまさんシリーズ、「ドテッ」や「ニコッ」などの効果音が使われており、背景が白というもの見やすい絵本の特徴です!
だるまさんシリーズにはこの他にも「だるまさんの」「だるまさんと」があります。

 

じゃあじゃあびりびり(アマゾンで購入する

この絵本も有名が1冊です。効果音や擬音を使った「じゃあじゃあじゃあ」や「わんわんわん」「ぶーぶーぶー」といった音を使った絵本で、赤ちゃんにとってとてもわかり易い絵本です。しかし、淡色が使われていたり、絵自体が古い感じを受けたりと、イラストには少し課題があります。

 

さわってなーに?(アマゾンで購入する

触って楽しむことができる「ぷにぷに」や「ふわふわ」といったことを体験することの絵本で、個人的にはとても好きです。

最後に

赤ちゃん、子どもにとって1年で大きく成長し、読むことのできる絵本、おすすめの絵本、好きな絵本が変わってきます。

そのため、お子さんの年齢に合わせた絵本選びがとても大切で、お子さんが絵本を嫌いにならないような絵本選び、絵本との関わり方がとても大切です。

 

絵本といってもとても多くの絵本があり、大人目線だと0歳の気持ちや好きな絵本はわかりにくいので、今回の内容が参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

子育てカテゴリの最新記事