スマホ育児は避けるべき?~スマホが子どもに与える影響とは~

スマホ育児は避けるべき?~スマホが子どもに与える影響とは~

スマホ、めちゃくちゃ便利ですよね。

私も、youtubeを見せたり、snowで一緒に遊んだり、楽器のゲームをさせたりと、スマホを使った子育て、いわゆるスマホ育児をしています。

 

そこで気になったことは、スマホは子どもにどのような悪影響を与えるのだろうか、スマホ育児は避けるべきなのかどうかということです。

今回は、スマホが子どもに与える良くない影響をまとめてみました。

WHOのスマホ育児のガイドライン

WHO、世界保健機関が2019年4月24日に“子どもの過度なスマートフォンの使用に対して警告をするガイドライン”を提示しました。(WHOの提示したガイドライン

ガイドラインには、2歳から5歳未満の幼児にスマホを1時間以上使わせないこと、さらに、1歳以下の子供にはスマホの画面を見せないこと、ということが書かれています。

 

その理由としては、スマホを使っているとき、見ているとき、子どもにとって運動量が減少します。それに伴い、睡眠が阻害されてしまう可能性が高いと書かれています。

子どもにとって睡眠が非常に大切であり、その睡眠時間を確保するためにもアクティブな運動をすることで睡眠時間を確保すべきであり、それにより子どもにとって身体的、精神的健康と幸福が高まり、子どもの肥満とその後の関連疾患の予防に役立つと書かれています。

 

WHOの提示したガイドラインに関しては、スマホだけでなく、座りがちになるテレビやビデオ、映画、コンピュータに関しても同様としております。

 

上記のことから、5歳未満の子どもに対してはスマホが良くない、運動の妨げになることが良くないとされており、体を動かす運動時間がより大切だと言われています。

シリコンバレーの人はスマホ育児をしていない?

インターネット、IT、エンジニア、AI、世界的に最も有名で技術の終結しており、スマホに関しても知識のあるエンジニアが集まっている地域、シリコンバレーではスマホ育児を避ける人が多くいます。

 

例えば、appleの創業者スティーブジョブズ氏は「子どもにipadは使わせない」と言われておりますし、Microsoftの創業者ビルゲイツ氏は「子どもは14歳まで携帯電話を禁止」とした子育てを推奨しております。

そして、スマートフォンなどのテクノロジーではなく、木製のおもちゃや人、友達との関わり、自然での生活などを主とした生活に重きを置く方がシリコンバレーの子育て層では多くいるようです。

 

現在、シリコンバレーの子育ては、スマホを使わない子育てが主流となっていますが、シリコンバレーと同じアメリカカリフォルニア州のソフトウェア開発会社メダリアのエイミー・ブレスマン社長はこのような悩みを言われています。

「テクノロジーの世界とどう付き合うべきかのお手本がないんです。私が子供だったころ、こんな世界は存在していませんでした。私の両親はテレビの視聴時間を制限していましたが、それと同じ対応をして果たして意味があるのでしょうか?」

視力が低下する?

スマホ育児は視力に対してどのような影響があるのでしょうか?

小児眼科医が専門の医師によると「スマホを見せることで目にどのような影響があるのか、科学的にまだ具体的なことはわからに」と言われています。

そのため、スマホ育児が本当に視力低下に繋がるのか、まだはっきりと断言はできないそうです。

 

しかし、このようなことを言っています。

「0歳~6歳ころまでの間に目に入った情報が脳に伝わって遠くまで両目でバランスよくものを見たり、ピントを調整したりするといった機能が育つ大切な時期であり、だらだらと長時間見せるのは良くない」

発達が遅れる

前出の小児眼科医のお話にもありますが、乳幼児期は子どもにとって視覚が発達する大切な時期であり、近い距離でスマホを見せるのは目の発達に遅れがでる原因になってしまうかもしれません。

 

発達心理学の専門家によると、子どもの成長は、長い期間、様々なものに触れることで発達していくものであり、「スマホを短時間的に与えたからと言って発達がゆがむことはない」と言われています。

さらに、「短期的にスマホを与えたからと言って取り返しのつかない悪影響になるということはないため、不安になりすぎる必要もなく、上手に使うことを考えてほしい」とも言われています。

最後に

ここでは、スマホ育児が子どもに与える“よくない”影響をまとめてみました。

私も子どもにスマホを与えていますので、いろいろ考えさせられました。

 

しかし我が家も、スマホを使わせるときは基本的には大人がスマホを持つようにしていますし、youtubeを見せるときはテレビを使うようにしておりなるべく距離を保つようにしています。

スマホを一切使わない育児は現実的にとても難しいご家庭も多くあると思います。

 

そのため、上手な使い方がとても大切であり、スマホとの適度な距離感を保ったスマホ育児が、大人にとってもストレスになりすぎず良いのではないかと思いました。

子育てカテゴリの最新記事