都会で子育てをするのに車は必要なのだろうか

都会で子育てをするのに車は必要なのだろうか

私は地方出身で地方育ち、最寄り駅まで徒歩20分で電車は2~4時間おきに1本貼っているようなところで大学卒業まで暮らしていました。
地方にとって「車」というものは当たり前の移動手段、家族の18歳以上の人数以上の車が家にあり、私も18歳の高校3年生のときに車の免許を取りました。

しかし、大学卒業、就職と同時に東京に行くこととなり車から離れた生活をしていましたが、子どもが2歳になる頃に車を購入しました。

今回、地方育ちで車が当然の移動手段で育ち、急に東京という大都会で生活することとなり、双子が2歳になるまでは公共交通機関orタクシーで移動でしていた私が、都会で子育てをする上で車は必要なのかどうかをご紹介いたします。

双子が2歳になるまでの生活

双子が2歳になるまで、我が家には車はありませんでした。

しかし、駅まで徒歩5分で電車も5分10分に1本と交通の便も悪くありません。ショッピングビルも徒歩圏内で徒歩圏内で生活しようと思えば十分できます。子どもを連れて電車に乗るのだってベビーカーがあれば全く苦になっていませんでした。(混雑してる時間は避けてた)

バスに関しては、そもそもベビーカーを乗せることが大変であったり、ベビーカーを畳まなくてはいけないということがあるらしく、双子ベビーカーが乗れるのかもわからず、一度も使ったことがありませんが、生活には全く不便していませんでした。

上でも記載の通り、駅近で電車に乗れば都内であればほぼ行くことができたので、東京ディズニーランド、渋谷や表参道、池袋や東京スカイツリー、色んなところに言っていました。

車を買って変わったこと

車がなくても生活や子育てに困っていなかった私ですが、双子が3歳くらいになるころを目処に車の購入を考えていたことと、妻の転職により車が必要になったため、この双子が2歳にのタイミングで車を購入する事となりました。

チャイルドシートに関して、もう双子は新生児ではないため、1歳~11歳くらいまで使えるチャイルドシート兼キッズシートみたいなやつを変えたので、だいぶ出費も抑えることができました!

 

それで車を持って生活がどう変わったのかですが、郊外の大きな公園や大きなスーパーなどに行くことができるようになりました。

今までの公園といえば、徒歩で行けるような駅近の小さな公園ばかり、さらに駅近ということもありそこそこ人がいます。

それが車があることにより、郊外のいくらでも走り回れるような大きな公園につれていくことができるようになりました!
遊具の種類も多く、双子はいろんなものに興味を持って遊ぶことができているようです!

 

さらに、大きなスーパーに車で行くことができるようになりました。

これも大きなポイントで、買いだめができるようになったのです。
以前はパルシステムを契約して使っていたのですが、配達時間の変更をしたいと申し出たら「できない」と言われたので解約して以来、我が家の食品は基本スーパーです。

そこで買いだめや大きなもの、重いものも躊躇なく買えるようになったのは子育てだけでなく、生活が変わりましたね!

双子の子どもが大きくなるにつれ食料品の消費量も徐々に増えていたころなので、車で週末に買い出しに行くだけで1週間持つような量を買えるようになりました。

都会で子育てに車は必要なのか

都会で車を持つには、田舎より維持費がかかります。特に駐車代やガソリン代、駐車代は間違いなく都会のほうが高いですし、信号も多いことからガソリンもその分要します。

 

それらを踏まえ私は、”車はなくても十分子育てはできる”と考えます。

しかしその条件としては、駅近であること、徒歩圏内で生活ができることだと思います。

電車があれば、はっきりいってどこでもいけます。生活や娯楽でも困らないでしょうし、子どもをいろんなところに連れて行って上げられるので子育てにも困ることはないと思います。

 

しかし、駅近物件は家賃の割に狭く、子どものためを広い、駅から少しはなれたところにお住まいの場合は車はあると生活がとても便利になると思います。駅まで自転車で行けばよいだけかもしれませんが、そうなればベビーカーは使えません。

ということから、ベビーカーで駅までいけない場合は子育てに車が必要なのではないかと考えます。

 

最後に

以上、田舎育ちのわたしが都会で車を持たない生活、子育てを経験した後、車を購入してみた、都会子育てをするには車が必要かどうかの結論です。

都会で子育てをしている方の参考になれば幸いです。

子育てカテゴリの最新記事