スポンサーリンク

ワードプレスのTwitter連携~WPプラグインSNAPの設定方法と自動ツイート~

ワードプレス

ワードプレスの記事更新をTwitterと連携させてツイートをさせたいなぁって思う人もいるでしょう!

 

なぜなら、私がそう思ったから!

そこで今回、2020年3月11日現在のワードプレスの記事更新情報をWPプラグイン「SNAP」を使ったTwitterとの連携、ツイートする設定をまとめておきます。

前提:Twitterアカウントがあること

ワードプレスの更新情報を対象のツイッターアカウントがツイートするように設定をします。

そのため、ツイッターアカウントがあることが前提となります。

WPプラグインSNAPのインストール

ワードプレスのプラグインの新規追加で「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」と検索し、インストールしましょう。

そして、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」を有効化しましょう。

Twitterによる連携準備と設定

ワードプレスの更新をツイッターで投稿するには、ツイッターアカウントに加え、ツイッターの開発者アカウントが必要になります。

 

まずは、ツイッターの開発者アカウントを作りましょう。

  1. こちらへアクセスし対象のツイッターアカウントでログイン
  2. 「create an app」からアプリケーションを作成
  3. 「Hobbyist」 の 「making a bot」を選択し「Next」
  4. ツイッターアカウントに電話番号が登録されていない場合、開発者アカウントが作れませんので必要に応じて電話番号登録をしてください
  5. 他項目は適切に入れ「Next」
  6. 「In youe words」にツイッターのアプリケーションを使う理由を200文字以上で記載します。
    google翻訳で「ワードプレスの更新をツイッターに投稿したい」みたいな日本語をそれなりの文字数書き、google翻訳で英語に訳してコピペで貼れば良いです。
  7. 「Please describe your planned use of these features.」に自動でツイートをする理由を100文字以上で記載します。
    こちらもgoogle翻訳で日本語で書いたものを英語に訳し、コピペすれば良いです!
  8. 入力したら「Next」
  9. 次の画面も特に変更せず「Looks good」
  10. 次の画面ではチェックを入れて「Submit Application」
  11. 対象のメールアドレスにメールが届いていると思いますので確認しましょう。
  12. メールの「Confirm your email」
  13. この画面までくればTwitter側の設定が完了です!あとは、承認されるまで2,3日くらい待ちましょう。
  14. 承認されるとTwitterDeveloperの「Apps」がこのようになっているので「Details」を
  15. Keys and tokens を確認しましょう。ここの内容が必要になります。
  16. Access token & access token secret の「Regenerate」を選択肢、「Access token」と「Access token secret」とメモしておきましょう
  17. ここまでくれば、完全にTwitter側での作業は終了です!お疲れさまでした。

 

SNAPにTwitter情報を連携

続いては、ワードプレスのプラグイン、SNAP側で設定をしていきます。

  1. SNAPのAccountsから「Add new account」
  2. Please select networkからTwitterを選択
  3. 4~8にTwitter側の情報をミスなくコピペしましょう

  4. Your Twitter URLに連携するTwitterアカウントのURLを入力
  5. API KeyにTwitterDeveloperアカウントのConsumer API Key(API key)を入力
  6. API SecretにTwitterDeveloperアカウントのConsumer API Key(API secret key)を入力
  7. Access TokeにTwitterDeveloperアカウントのAccess token &access token secret(access token)を入力
  8. Access Token SecretにTwitterDeveloperアカウントのAccess token &access token secret(access token secret)を入力
  9. Message Formatにはツイートする文言を設定します。
  10. 設定後に再度show settingsを確認し、「Submit Test Post to Twitter」で連携ができていることの確認をすると対象のTwitterでツイートされますので確認しましょう

最後に

これでWPによる投稿のたびにTwitterでWPの新規投稿情報を自動でツイートしてくれるようになったはずですので、どしどしWPを更新していきましょう!

 

コメント