スポンサーリンク

ワインの基礎知識~ワインの歴史や種類について~

ワイン

ワイン、美味しいですよね!

私は日本酒が苦手なのですが、、ワインは白や赤、ロゼ、スパークリングまで、ワイン全般は比較的好きです。

 

そこで今回は、ワインの基礎知識としてワインの歴史やワインの種類についてご紹介いたします。

 

ワインとは

そもそもワインとはどのようなものなのでしょうか。

ワインはブドウを原料として醸造された酒類で、ブドウ果汁には発酵に必要な果汁と糖分が含まれているため、それらが酵母の働きによって発酵し、アルコールと炭酸ガスに分類されます。

このときの成分の中で最も多いのが水分85%以上、次に多いのがアルコールで15%以下になり、それと合わせて様々な香りや味わいの成分が生まれることでワインになります。

ワインは日本酒(清酒)やビールなどの穀物を原料とする酒類と異なり、デンプンを麹や麦芽によって糖化する工程を必要としないため、ブドウが育った環境やブドウそれぞれの個性がそのまま表現されるお酒です。

ワインの歴史について

古代

ブドウを発酵させて作られるワインは、最も古くから造られていたお酒で紀元前6000年頃のメソポタミア文明のシュメール人によって初めてワインが造られたと言われています。

古代エジプト文明でも、紀元前3000年頃から紀元前1500年頃にかけて栄えたエビぷとの王朝を物語るピラミッドの壁画にブドウの栽培やワイン醸造の様子が描かれており、当時の王族の飲み物であったワインですが、紀元前1500年頃からギリシャやローマへと広がり庶民のお酒になったと言われています。

紀元前1800年頃から紀元前1700年頃に制定された古代バビロニア文明のハンムラビ法典にはワインの売買に関する法律が記載されており日常的にワインが飲まれていた様子がわかります。

紀元前600年頃にはフェニキア人(現代のレバノン近辺を中心に住んでいた民族)によって南はフランスのマルセイユ地方や地中海沿岸に伝えられ、その後ギリシャ人やローマ人の手でフランス北部に広まり、ヨーロッパ全土に拡大していきました。

キリストが最後の晩酌の際に「パンは我が肉、ワインはわが血なり」と言ったことから、ワインは協会の儀式に欠かせないものとなり、中世には修道院の僧侶たちがワインの造り手となり、ワインの品質向上に大きく貢献しています。特にヨーロッパのワイン造りの文化が拡大した経緯にはローマ帝国の拡大が大きく関与しています。占領地区ごとにブドウ畑を作り、ワイン造りを広めていった当時、アンフォラと呼ばれる取っ手付きの底の尖った土器で貯蔵や運搬をしていましたが、ガリア(現代のフランス)でビール醸造に用いられていたオーク樽と出会い、それ以降からワインの貯蔵にオーク樽が使われるようになりました。

中世

16世紀~17世紀の宮廷文化が花開いた時代に、料理と娯楽としての飲酒が発展し、ガラス瓶とコルク栓の発明と採用によりワインの普及が一気に広がり、瓶内で熟成という魅力を兼ね備えました。

近世

19世紀後半にヨーロッパを襲ったフィロキセラ(ブドウネアアブラムシ)により、ブドウ樹はほぼ壊滅状態になりましたが、アメリカ産のブドウ樹を台木にすることで復活を果たしました。このときの接ぎ木はより高い質のブドウを増殖させる技術として発展し、栽培家は産地や畑に合ったブドウの品種を選択することが可能になりました。

20世紀になると様々な品種の醸造設備の改良が進み、1960年代にほぼ現在のワイン造りの形が定着したと言えます。

近年では、ジョージア(で出土した陶器の壺を化学分析したところ、およそ8000年前の世界最古のワイン醸造の痕跡が見つかり、2017年11月にジョージアがワイン発祥の地であると研究者によって認定されました。

ワインの基本的な4つの種類

ワインは醸造方法の違いにより大きく以下の4つに分けることができますので、説明していきます。

スティル・ワイン(Still wine)

ブドウ果汁または破砕したブドウ果実を発酵させ、二酸化炭素(炭酸ガス)による発酵性のワインワインです。赤、白、ロゼがあり、あじわいんは辛口から甘口まであります。

スパークリング・ワイン(Sparkling wine)

炭酸ガスによる発泡性のあるワインで、一般的に3気圧以上のガス圧を持ったワインです。辛口から甘口まで幅広い味わいがあり、代表的なスパークリングワインはフランスの「シャンペーニュ」「クレマン」「ヴァン・ムスー」、ドイツの「ゼクト」、イタリアの「スプマンテ」、スペインの「カバ」などがあります。

フォーティファイド・ワイン(Fortified wine)

ワイン醸造工程中に40度以上のブランデーなどのアルコールを添加したワインです。

代表的なフォーティファイドワインはスペインの「シェリー」、ポルトガルの「ポートワイン」「マデイラ」、イタリアの「マルサーラ」などがあります。

フレーバード・ワイン(Flavored wine)

ワインに薬草、果実、甘味料、エッセンスなどを加えた独自の風味を添えたワインです。

代表的なフレーバードワインは「ヴェルモット」「リレ」「サングリア」などがあります。

最後に

ワインって一言に言っても様々な種類があり、古くから時代と友の大きく成長を遂げ今のワインがあることがわかりますね。

これから、ワインについてもどしどし投稿していこうと思います!

コメント