スポンサーリンク

双子の作り方~どうしたら双子が生まれるのか~

双子

双子の赤ちゃんを街なかで見かけると、とても可愛く見えますよね。

 

同じ背丈、同じ洋服、似たような顔とっても可愛いですよね!

私も妊娠、出産するなら双子が良い、双子って可愛いから羨ましい、双子に憧れる、そう思っている方も多くいらっしゃると思います。

 

今回、どのようにしたら双子が作れるのか、双子を妊娠するための可能性を高める方法を紹介いたします。

一卵性の双子は・・・奇跡

近年、双子の妊娠確率、出生確率が増えていると言われておりますが、一卵性の双子に関する確率は大昔から変わっていないと言われています。

その出生確率は、0.3~0.4%ほど、1000の出生に対し、3組や4組ほどの確率となっています。

 

理由としては、一卵性の双子を妊娠するためには、1つの受精卵が何らかの原因によって分裂するという不思議な現象、通常ではありえないことが現象が起こった場合のみ一卵性の双子を妊娠する可能性があり、さらに分裂後、それぞれが着床、成長し大きくなるということが起こった場合のみ一卵性の双子の出産に至ります。

 

ということから、様々な奇跡が重なり合った場合のみ一卵性の双子を出産できるのです。

 

そして、一卵性の双子を妊娠するためには奇跡や偶然が重なり合わないと起こらないことから、一卵性の双子を妊娠する方法、確率を上げる方法は何もありません。

 

1つある一卵性双子の作り方

一卵性の双子を作る方法、妊娠する確率は奇跡と上で述べさせていただきましたが、1つ方法があるとすれば『たくさん妊娠する』ということくらいでしょうか。

 

一卵性の双子を妊娠する確率が一定数あるということから、300回ほど妊娠すれば1回くらい一卵性の双子を妊娠する確率になっています。

 

しかし、現実的ではありませんね。。。

 

二卵性の双子であればできることがある

近年、双子の妊娠確率、出生確率が増えていると言われており、その確率を上げているのが「二卵性の双子の出生率」で、1%以上が双子と言われており、100の出産に対し1組以上が二卵性の双子ということになります。

 

出生確率を上げている主な要因としては、不妊治療が発展し数も増えていることが挙げられます。

 

理由としては、不妊治療により卵子の数が通常より多くなることが挙げられ、その分2つの受精卵が着床する、二卵性の双子を妊娠する可能性が高まります。

 

その他にも、体外受精により受精卵を多く身体に戻すことで、二卵性の双子を妊娠する可能性が高まります。

 

しかし、二卵性の双子ということで遺伝子情報などは異なりいわゆる兄弟と同じと言え、男女の性別が異なる双子は100%二卵性の双子です。さらに、双子で身長や体重、性格や容姿も異なる双子の場合もありますし、似ている兄弟がいるように二卵性の双子でも似ている場合があります。

 

ということなどから二卵性の双子を妊娠する方法としてはいくつか挙げられるため、以下にまとめてみました。

不妊治療

上でも記載の通り、不妊治療により卵子の数の増加が起こり、2つの受精卵が着床する可能性が高まります。

それぞれが着床、成長することで、双子の妊娠確率が高まります。

体外受精

体外受精により多くの受精卵を身体に戻すことで、2つ以上の受精卵が着床する可能性が高まり、双子の妊娠確率が高まります。

健康で栄養バランスが良い生活

健康、これは単胎児でも同様ですがとても大切なことです。

いくら2つの受精卵が着床したとしても、健康でなければ育つ可能性が下がりますし、健康であったほうが卵子の数も安定し、双子の妊娠、出産の可能性が高まると言えるでしょう。

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

双子の作り方、として紹介いたしましたが、一卵性の双子は奇跡や偶然が重なり合って、本当にたまたま出産に至ったと言ってもいいレベルです。

反対に、二卵性の双子の場合、妊娠確率を上げる方法はありますし、出産の可能性を高める方法もあります。

 

しかし、一概に双子が良い、ということはあるとは思っておりませんし、単胎児でも、双子でもどちらでも可愛い我が子です。

もし、双子を望むのであれば、参考にしていただき、双子でなかったとしても、大切に育てていただき、幸せな人生にしていただきたく思います。

コメント