スポンサーリンク

立会い出産はした方が良い

妊娠

タイトルに「立会い出産はした方が良い」と書いておりますが、これは私が出産に立ち会った経験を元とした私の考えてあって、強制するものではありませんし、ご夫婦でしっかり考えるべき問題だと先に伝えておきます。

立会い出産とは

立ち会い出産とは、出産する際に出産する女性以外の家族が分娩室に同席し、陣痛や出産に寄り添い赤ちゃんの誕生を一緒に迎える出産の方法です。

帝王切開の場合は立ち会い出産ができない場合がありますが、自然分娩の場合は立ち会い出産が可能な産院が多いです。

※出産する産婦人科、出産する女性の状態などにより立ち会い分娩が行えるかどうか異なります。

 

なぜ立会い出産を勧めるのか

私がなぜ立ち会い出産を勧めるのかと言われると、妻と同じ瞬間に我が子を見ることができます。そして、妻が辛いときに支えることができます。

 

我が子が生まれる瞬間に立ち会えるということ、何よりうれしく感動し、心に響く瞬間に違いありませんし、私自身がそうでした。

とても小さい生まれたばかりの赤ちゃん、どこを見ているのかもわからない目、指を握りしめてくる小さな手、ぎこちないけど初めて抱っこする赤ちゃん、何もかもが初めてで感動する瞬間です。

 

 

さらに、女性はとても辛い状態が何時間も続きます。

夫として、可能な限り支えるべきだと思います。

 

しかし、女性は人生で一番痛い思いをすると言われている出産ということもあり、立ち会い出産の男性にきつく当たる、殴る蹴るといったことをしてしまう場合もありますし、今までに見たことがない苦しい姿を見るかもしれませんが、それだけ辛い思いをし、苦しい状態であることを理解する必要があります。

 

ご夫婦でしっかり考えるべき問題

立ち会い出産をすべきといった内容で今まで伝えてきましたが、結局は夫婦で話し合うべき問題だと思います。

女性の方が、「男性に付き添ってもらいたい」「支えてもらいたい」というのであれば男性は出産に立ち会うべきだと思います。なんと言っても、我が子の誕生に出産をする女性が立ち会ってほしいと言っているのです。

 

反対に男性の方が、「出産に立ち会いたい」「女性の出産を支えたい」「我が子の誕生を一緒に迎えたい」と思っている場合、その気持ちを女性に伝えじっくり夫婦で話し合ってください。

 

立ち会い出産をしたからと言って、愛情が変わるということはありませんし、立ち会い出産をしなかったからと言って何かが無くなるわけでもありません。

そのため、しっかりとご夫婦で話し合い、結論を出す必要があります。

男性の意見はどうでも良い

立ち会い出産に関してご夫婦での話し合いのさい、男性の意見ははっきり言ってあまり関係がありません。

もちろん、立ち会い出産に関して男性側は自分の気持ちを伝えるべきではありますが、女性が「どうしても立ち会ってほしくない」という場合に無理に出産に立ち会うべきではありません。

反対に、男性が出産に立ち会いたくなかったとしても、女性が「どうしても出産に立ち会い支えてほしい、我が子の誕生を一緒に迎えたい」などという場合は出産に立ち会うべきだと考えます。

 

男性にとって出産でできることは限られており、女性を支えることが何よりできることです。

それは、女性のストレスがなるべくかからないようにするのも一つであり、女性が望むのであればなるべく叶えてあげるべきだと思います。

 

最後に

出産は女性にとって、これ生まれてくる赤ちゃんにとって、命のかかったとても大切で重要なことです。

はっきり言って、男性は女性や赤ちゃんほどできることはありませんし、できることと言ったら女性を支えたり、赤ちゃんが生まれてから父親として赤ちゃんに接することくらいしかできません。

 

そのため、しっかりとご夫婦で話し合い、女性にとって最善の方法で出産を迎えるべきだと思いますし、そのために男性は動くべきだと思います。

 

ということから、女性が立ち会い出産をしてほしいというのであれば、ぜひ出産に立ち会い、女性を支えてあげてみてはいかがでしょうか。

コメント