【双子の家庭向け】誰でもできる確実に双子の将来に備えた貯蓄の仕組み

【双子の家庭向け】誰でもできる確実に双子の将来に備えた貯蓄の仕組み

妊娠がわかってから、思いもよらず双子であることを医師から宣言され、さらに妊娠中や出産に対してのリスクを医師から伝えられ、その時はまだ考えられないかもしれませんが、双子の子育てにはお金がかかります。

 

兄弟の場合は”おさがり”というものが使えますが、双子に”おさがり”はありません。

 

七五三などの各種お祝いごと、幼稚園や小学校、中学校、高校、大学まですべてが同じタイミングでやってきます。

それぞれに対し、お金が2倍、同じタイミングで必要になってきますので、まとまった資金が必要になります。

 

今回は、そのような双子の子育てをしているご家庭向けに、我が家で実践している確実に実践できる双子の将来に備えた貯蓄ができる仕組みを紹介します。

 

双子にかかるお金はいくら?

最低限必要なものとして、小学校、中学校、高校、大学の入学や卒業があります。

そして、双子の場合、単純に2倍はかかると誰でも思いつくでしょう。

その場合、それぞれの入学に対していくらかかるのか確認してみましょう。

※消耗品などの買い足し、修学旅行費などはここでは想定していません。

 

小学校(公立で最低限の金額を想定)
100,000円×2 = 200,000円

小学校の場合、公立の小学校であったとして最低でも入学までに100,000円がかかると想定しています。

内訳としては、ランドセルやノートや鉛筆などの文具、体操服、上履きなどを揃えることを想定した、小学校の入学までに必要な最低限の金額ですが、意外と掛かるものですね。。。

 

 

中学校(公立で最低限の金額を想定)
100,000円×2 = 200,000円

中学校の場合も入学準備として最低100,000円は準備しておくべきでしょう。

たとえ公立の中学校であっても、制服が必要になりますし、文房具も各授業に合わせて必要なノートやファイルなどを揃える必要があり、最低でも100,000円は用意しておくべきでしょう。

さらに、自転車通学をする場合、+で自転車の購入代がかかります。

 

高校(公立で最低限の金額を想定)
150,000円×2 = 300,000円

高校の場合は入学準備として最低150,000円は準備しておくべきです。

内訳としては、学校指定の制服や体操服、教材などの購入が必要となり、なんだかんだ150,000円はかかってしまいます。また、これにプラスして学校までの交通費、定期券代なども必要になる場合があります。

 

大学(国立で最低限の金額を想定)
1,000,000円×2 = 2,000,000円

大学の場合、入学するまでに出願や受験をするだけでお金がかかり、さらに、合格発表手続きなどにもお金がかかり、なんだかんだで最低で1,000,000円はかかってくるでしょう。

さらに、大学が自宅から遠く1人暮らしをする場合、賃貸の初期費用や生活に必要なものを揃える必要もあり、大学入学にかかるお金にプラスして500,000円はかかってくることが予想されますが、今回は省きます。

※ここでは、国立大学で自宅から通うことを想定した、最低限の金額で算出しており、大学や専攻などによりさらに増えることもあり、私立になれば確実に増えていきます。

高校までの場合

双子が高校まで、公立で入学した場合、それぞれの入学のタイミングの合計金額をプラスすると

『700,000円』がかかります。

大学までの場合

双子が高校までは公立で入学し、大学は国立に入学した場合、それぞれの入学のタイミングの合計金額をプラスすると

『2,700,000円』がかかります。

 

入学にかかる費用だけで考えると、そこまでとんでもない金額ではありませんね!

しかし、こんなまとまったお金、急に用意するのはとてもむずかしいでしょう。そのため、事前にお金を用意しておく必要があり、大学まで入学することを想定し、およそ3,000,000円を確実に貯蓄する方法をご紹介していきます。

双子の将来に備えた貯蓄の仕組みとは

双子の将来に備えた貯蓄をする仕組み、それは『児童手当』を確実に貯めていくことです!

 

児童手当は、0歳から15歳(中学校卒業まで)のお子さんに対し支給される手当で、毎月5,000円~15,000円が支給されます。

15歳ということから、最大で192ヶ月あり、3歳までは15,000円、3歳から15歳までが10,000円が支給されます(所得制限の世帯や第三子以降の場合は金額が変わりますが、ここでは子供2人、第二子までと仮定します)。

上記から双子の場合は以下の金額を受け取ることができます。

3歳まで:1,080,000円
15歳まで:3,120,000円
合計:4,200,000円

双子の場合、児童手当を確実に貯蓄していけば4,200,000円貯めることができるのです!

 

双子の大学入学にかかる費用が2,700,000円ということなので、児童手当を確実に貯蓄していれば十分足りる額です。

 

児童手当を当てにした生活基盤は今すぐやめましょう。

児童手当はないものと考え、確実に貯蓄してく方向で生活し、毎月の給与で生活できるような生活基盤を意識して作ることで確実に児童手当が貯蓄できるようになりますので、今からでも遅くないので、毎月の生活を見直し、児童手当を貯蓄するような生活に変えていきましょう!

最後に

今回、小学校から高校、大学までの入学準備のかかる費用のみで考えてみましたが、そのような大きなイベントのときに必要となるまとまったお金は、児童手当をしっかりと貯蓄しておくことでまかなえるのだと、私自身も今回情報を整理していく中で理解できました。

 

もちろん、ここに記載していない、習い事や私立の場合、部活動にかかる費用など様々なことにお金が必要にはなりますが、児童手当も貯蓄していくことで大きなお金になりますので、ぜひこのブログを読んでいただけたのであれば、参考にしていただければ幸いです。

お金カテゴリの最新記事