スポンサーリンク

出産に伴う費用に加入している医療保険は適用されるのか

お金

医療保険に加入している方は、妊娠中の入院や出産に医療保険が適用されるのか気になるところだと思います。

しかし、『基本的には』妊娠や出産は病気ではないため健康保険も適用対象外で、妊娠や出産にかかる費用は3割負担ともならず10割自己負担となっているため、単胎児の場合500,000円程度はかかってしまい、双子の場合は1,000,000円程度がかかってしまいます。

さまざまな手当が受けられますが、もし医療保険の適用となれば、出産を伴う10日程度の入院の場合だとしても300,000円の保険金を受け取れる場合だってあります。

 

加入している医療保険が適用される場合もありますので、少しでもこれから生まれるお子さんのため、受け取れる保険金は受け取っておきましょう。
※医療保険の保険金を受け取るには、保険金の請求をしなければ受け取れませんので、必ず請求をするか確認をするようにしましょう。

 

妊娠や出産っていくらかかるの?

出産には『妊婦健診日』『入院費』『分娩費』『ベッド代』『食事代』『新生児保育料』などなどが病院から請求され、合計するとおよそ500,000円ほどはかかってしまいます。

さらに、症状や治療法はさまざまありますが、管理入院や異常分娩となってしまった場合はさらに費用がかさんでしまいます。

妊娠や出産に医療保険は適用されるの?

『基本的には』妊娠や出産は病気ではないため健康保険も適用対象外で医療保険の適用もありません。

しかしそれは母子ともに以上が見つからず、出産までもスムーズで、産後も特に異常がない場合の話であって、よく耳にするのは『帝王切開だと医療保険が適用される』ということは知っている方も多いと思います。

それは、帝王切開が医療行為なので、帝王切開という手術と、それに伴う治療+入院が医療保険の適用となる場合が多くあるためで、保険金の給付額に関しては加入プランや保険会社によって異なります。

 

さらに、自然分娩だったとしても、産後に出血多量となり治療を行った場合、それに伴う入院も医療保険の適用となる場合も多くありますし、自己負担額も3割負担となります。

自然分娩だったからといって、加入している医療保険会社から保険金がもらえないという理由にはなりませんので、確認をしてみると良いでしょう。

異常分娩・妊娠で多いのはいかに示します。

  • 帝王切開分娩(帝王切開術)
  • 子宮外妊娠
  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠中毒症
  • 吸引分娩
  • 流産
  • など

 

例えば、異常分娩に該当する症状で出産を伴う入院が30日となり合計額が600,000円となった場合、すべてが医療行為となるため自己負担額は3割の200,000円となります。
さらに、高額療養費制度が適用となり自己負担額の上限が(所得によって異なりますが)設定され、自己負担額はおよそ100,000円ほどとなるでしょう。

 

さらに、入院1日あたり10,000円の保険プランに入っていた場合、300,000円が保険金として受け取れるということになります

どんなときに医療保険が適用されるの

医療保険は病気や怪我による手術や治療、入院、通院などの場合にプランに沿った保険金を受け取ることができる保険制度です。

 

出産で医療保険の適用となる、よく聞く例は『帝王切開による出産』でしょう。

しかし、自然分娩のつもりだったとしても、吸引分娩や鉗子(子供と医療器具で引っ張る)分娩、誘発剤や陣痛促進剤を使った分娩の場合などは医療行為となり、加入している保険プラン次第になりますが、医療保険の適用となります。

 

しかし、これらを出産前に知ることはできませんし、陣痛が起きているときに何が起きていたかなんて覚えていられないでしょう。

覚えておく必要はなく、ちゃんと領収書や診療明細書にどのような手術・治療を行ったのかが記載されて請求されますので、加入している保険会社に問い合わせ、ご自分の加入している保険プランで対象となるのか確認してみると良いでしょう。

 

医療保険は請求しないと受け取れない保険金です。

請求忘れや自分は対象ではないとの思い込みから請求をしたいのはとてももったいないことなので、確認し、適用している場合は請求を忘れず行いましょう。

いくらもらえるの?

保険金に関しては、加入している保険会社、保険プランにより異なりますので、今回紹介するものは一例となりますので、詳しくはご自身の加入している保険プランを確認してみて下さい。

保証内容

入院1日5,000円

手術(入院中の)100,000円

このような保険プランの場合の保険金の計算をしてみます。

管理入院と帝王切開による10日間入院+手術の場合

  • 入院10日×5,000円=50,000円
  • 手術1回×100,000円=100,000円
  • 合計150,000円

 

管理入院と帝王切開による30日間入院+手術の場合

  • 入院30日×5,000円=150,000円
  • 手術1回×100,000円=100,000円
  • 合計250,000円

 

受け取れる保険金の金額は、加入している保険会社、保険のプランによって大きく異なります。

詳しくは加入している保証内容をご確認ください。

 

妊娠中に医療保険に加入したい

妊娠中でも、妊娠初期であればほとんどの医療保険に加入することが可能です。

しかし、非常に残念ではありますが『特定部位の不担保』という条件付きでなければ加入できないことが多く、妊娠に関する帝王切開や入院、手術の場合に保険金を受け取ることができないという条件がついてしまいます。

そのため、妊娠がわかった時点で医療保険に加入してない場合、妊娠に関する保険金を受け取ることが難しい状況となってしまいます。

 

さらに、もし帝王切開で出産した場合は手術をしたこととなり、医療保険に加入するための質問事項『過去5年以内に入院・手術を受けたことがありますか?』という質問に対して『はい』と答えなければいけなくなります。

直近で手術経験がある場合、掛け金が上がってしまったり、『特定部位の不担保』という条件付きの加入となってしまう可能性がありますのでご注意ください。

最後に

医療保険は申請をしなければ受け取ることのできないお金です。

『出産だから保険金が下りない』なんてことはありませんし、自然分娩だとしても医療行為をしていた場合は保険金の対象となることがありますので、気になるようであれば確認し、請求忘れなどがないようにしましょう。

 

コメント