スポンサーリンク

Twitterで見かけた風船トランポリンを作ってみました!

子育て

Twitterで見かけた、風船トランポリン。

 

簡単に作ることができそうで、双子の子どもたちもソファで飛び跳ねたりしていたので、風船トランポリンがあれば飛び跳ねたり思う存分できると思って今回作ってみました!

風船トランポリンって何?

風船トランポリンは、その名の通り「風船」を使って作るトランポリンです。

まずは作り方を見ていきましょう!

風船トランポリンの作り方

作り方もとても簡単、必要なものは100均の風船と布団圧縮袋のみ!(あとはどのご家庭にもある掃除機)

  • 風船 23cmの20個入り
  • 布団圧縮袋 110×130cm(実は200円でした。。)
    ※掃除機を使うものを選ぶこと、丸めて圧縮するものではできません。

 

  1. 風船を頑張って膨らませて縛ります。
    膨らませた風船のサイズから布団圧縮袋のサイズ的に15個がぴったりでした!この時、風船をふくらませる機械なんてありませんので頑張って膨らませました。。。そのため最初は風船を膨らませるので疲れてしまって13個しか作れず、、、隙間がある状態になってしまいました。
  2. 膨らませた風船を布団圧縮袋に平らになるように押したりしながら詰めます。
    このときのポイントは、風船をなるべく重ねずに平になるように敷き詰めることです!
  3. 最後に、布団圧縮袋の圧縮方法に従って圧縮します!
    今回はバルブがない圧縮袋を選んだため、隙間から掃除機を突っ込み圧縮していきます。このときのポイントは、風船や袋を吸い込んでしまうと圧縮できませんので、袋をひっぱたり風船を押したりして空間を作って吸い込むと綺麗に吸い込めました!
  4. あとは掃除機を抜き、栓をして完成です!

 

最も大変な手順は「風船を膨らませること」です。。。

あとは、綺麗にやるために多少のコツはあれば簡単です!

子どもたちも風船トランポリンが大好き

風船トランポリン、子どもたちもはじめは戸惑っていたのですが、上の乗せてポヨポヨさせてあげたら大喜び!

興奮して遊ぶようになり、座ってポヨンポヨンしたり、飛び乗ったり、楽しそうに遊んでいます!

 

300円でこのクオリティ、コスパ、最高ですね!

 

そして、布団圧縮袋のサイズが110×130cmのものを選び、はじめ広げたときは大きすぎたかも、、、って思ったのですが実際作ってみるとそこまで大きすぎるわけではなく、双子の我が家には二人が乗れるほどの大きさでちょうどよかったです!

風船トランポリンに大人が飛び乗ってみた

風船トランポリン対して気になるポイントは本当に乗っても割れないのか?

誰もが気になるポイントだと思いますし、私も気になっていました。

 

ママが楽しそうに試していたのですが、(40kg以上のママが)普通に片足立ちをしても割れることなく耐えられていました!

当たり前のようにお腹や背中で寝っ転がりポヨポヨしてもなんら問題なく使えています!

 

思った以上に耐久性がありますね!

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

100均で揃えられる材料で簡単に作ることができ、子どもにとってはとても楽しそうに遊んでくれます!

試してみてはいかがでしょうか!

コメント