スポンサーリンク

年収600万が幸せを最も感じる分岐点

お金 安心 600万 幸福度 働き方

幸せというものは人によって感じ方が大きく異ることです。

 

お金があれば幸せなのか、結婚していれば幸せなのか、子どもがいれば幸せなのか、独身で自由だったら幸せなのか、高級品を身に着けていたら幸せなのか、人によって感じ方も違います。

お金は多くもらえるならもらえたほうが良いですよね。

お金 双子

しかし、お金が増えれば増えるほど、幸せになるのでしょうか?

 

一概にそうとは言えず、一定の金額以上は幸福度が横ばいである、という調査結果が出ており、また、実体験をもとに砕いて見ました。

 

日本では年収600万が幸せのピークだと言われている

年収に対する幸福度の調査が2018年、164カ国170万人を対象に行われました。

それによると、日本では年収600万あたりが幸福度のピークとなっていることが結果として出ており、それ以上の収入、1000万や2000万といった年収だったとしても、幸福度は600万のときとあまり変わらない、という調査結果が出ております。

 

幸せのピークってなんでしょう?

例えば、年収1500万と年収1000万の幸福度はあまりが変わらない、ということです。

 

単純に考えると500万も年収に差がありますが、一般市民からしたら、1000万も1500万も生活が変わるようには思えないですよね。

 

年収と幸福度グラフ

年収300万→600万になったときの幸福度の上がり幅は大きいですが、600万→900万、さらにはそれ以上になるに連れ、幸福度の上がり幅は小さくなっていきます。

 

さらに、このグラフでは表現しておりませんが年収が増えることに伴い、仕事にかかる時間であったり、仕事でのストレスも増加していきます。

そのため、幸福度が高止まりしてしまう、ということが言えます。

 

幸せはお金でもモノでもない

お金があれば幸せなのか、好きなものが買えたら幸せなのか、必要な物がそろっていたら幸せなのか、という問いがあったとしたらNOです。

 

昔から、大富豪とお金を使わない生活をしている遊牧民の幸福度は変わらない、といわれています。

大富豪は、なんでも買えますがすでに飽きており、ストレスがあります。
一方、遊牧民は何も買いませんが、自由ですしストレスもありません。

 

幸せには、お金だけでなく様々な条件が重なり幸せと感じるということです。

 

人5倍、10倍のお金を稼ぐためには尋常ではないストレスがかかるのではないかと思っています。

現に、お金持ちが家族にDVをしていた、秘書に暴言や暴力をしていた、変な趣味を持っていた、薬物をしていた、というニュースがあるように、お金はあるのでしょうが、相当なストレスがかかっているのではないでしょうか。

さらに、お金はあれば使う時間がない、ということもよく聞きますよね。

 

お金はあるけど体調を崩し病院通いが日課、そんな生活、絶対幸せとは言えないですよね...

実際私の生活は年収600万を超えてどう変わったのか

ありがたいことに、私も転職に次ぐ転職で年収600万を超えています。

23歳の会社員1年目のときは年収300万以下、子供が生まれたときも年収400万以下、そこから比べると今の生活はだいぶ楽になりました。

 

当時は外で買う飲み物も気にしたり、毎日の食事だって金額を見て躊躇したりしていました。

そこから貯蓄をしていたため、毎月いくら残るのか、いくら貯められるのかということを気にしつつ生きていた、常にお金のことを考えて生活をしていたような気がします。

 

しかし600万を超えた今、生活はだいぶ楽になりました。

贅沢な暮らしをいない限り、大抵のものは変えますし、自分へのご褒美とかも変えるようになりました。

また、毎月の残高を気にせず、一定の金額を毎月貯蓄に回せるようにもなり、生活の中でのお金のストレスが相当軽減されました。

 

外食やデリバリーも増えましたし、家電製品なども金額を意識した製品ではなく、性能などを考えたものを購入することもできるようになりました。

 

決して裕福な暮らしではないと思いますが、子供が小さい今の現状では不自由ない生活ができています。

習い事などもようやく考えられるようになってきました。

 

これが、私の年収600万を超えた生活、安心感です。

最後に

年収600万って1人だと難しいかもしれませんが、夫婦で300万×2人とかであれば、難しくない年収です。

 

僕ら家族は年収もオープンなため助け合っており、こういった助け合いもお金に関する安心感に繋がっていると思います。

 

お金ってストレスがもろにかかりますし、そう簡単には消えない、発散できないストレスだと思うんです。発散しようにもお金がかかりますし。。。

600万って決して裕福ではないけど安心できる金額、そして、夫婦であれば簡単に果たせる年収です。

 

それを、身を持って実感しましたので今回、僕に意見も含めまとめてみました。

コメント